本文へスキップ

群馬県邑楽郡板倉町 真言宗 淨蓮院 

寺院案内profile

淨蓮院の開山については不詳ですが、開山周應上人の位牌に寛永19年(1642年)とあるため、これ以前にさかのぼると思われます。
現在の本堂は、昭和11年に改築されておりまして、平成10年に屋根瓦を新瓦に直しております。御本尊様は、地蔵菩薩座像(木造 仏高58cm)で脇仏として真言宗の開祖である弘法大師と、中興の祖である興教大師の像が安置されています。
本堂に向かって左手の高台に大日堂が建立されておりまして、大日堂の創建年代は不明ですが、伝承によりますと日光東照宮建立に携わっていた宮大工が手がけたものとされています。大日堂の天井には花鳥図が彩られており、堂内には大日如来ほか、不動明王などの仏像が安置されています。
大日堂前には県内最古の十王十仏板碑があり、町指定にもなっており、さらに、大日堂前には町唯一の双体道祖神がたっており、これも町指定となっております。

    群馬県の真言宗智山派寺院、淨蓮院

組織・役員

役職 名前
住職 羽鳥裕明

真言宗智山派について

成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院といった全国的に有名な寺院を有しているのが、真言宗智山派です。埼玉県や千葉県などのように500ヶ寺以上ある地域に比べて群馬県にはほんの僅かしか寺院がございません。群馬県内では大変少ないので、県内の方々にとっては馴染みが薄いかもしれませんが、全国的には大変有名な宗派です。

真言宗智山派「淨蓮院」

〒374-0105
群馬県邑楽郡板倉町大曲1066

TEL 090-3084-4647